// Google Search Console のタグ 20世紀最高のサイコメトラー「ジェラルド・クロワゼット」

20世紀最高のサイコメトラー「ジェラルド・クロワゼット」

伝説

かつてオランダに、驚異の透視能力で難事件を次々と解決へと導く超能力者がいた。20世紀最高、いや史上最高のサイコメトラーとも呼ばれるジェラルド・クロワゼットである。

サイコメトラーとは、物体や写真などに触れることによって関連する人物や出来事、由来などを読み取る「サイコメトリー」という能力を使えると称する人のこと。

彼は少年期から人の死を言い当てる能力を持っていたが、その能力が本格的に開花したのは1945年。 ユトレヒト大学のウィルヘルム・H・C・テンヘフ教授が行った、超心理学に関する講演を聴講したのがきっかけだった。

クロワゼット

ジェラルド・クロワゼット。『OUT OF THIS WORLD』 (Macdonald)より。

クロワゼットは講演のあと、自ら被験者になって透視能力のテストを受けることを希望。見事にその超能力を発揮した。テンヘフ教授によれば17人の霊能者や超能力者をテストした中でも、クロワゼットの能力は群を抜いていたという。

そんなクロワゼットは、自らの能力が必要とされるときはすぐに応じられるように、ユトレヒト大学の近くに引越した。そして警察などから依頼があると、難事件を解決するべくサイコメトラーとして力を発揮し、実際に数多くの事件を解決へと導いた。

中でも1979年11月に、オランダのウオドリヘン地域で起きた連続放火事件では、地元のイーコフ警察署の署長自ら、クロワゼットの透視能力へのお墨付きが与えられたほどである。この事件を記録したテンヘフ教授は次のように述べる。

聞き取りの内容はすべてビデオテープに録画されている。そしてビデオの内容はすべて調書として起こされ、イーコフ署長によって署名がされている。

これだけでも十分にすごいが、彼の功績は他にもある。1976年5月には日本の番組内で、行方がわからなくなっていた当時7歳の女の子の透視を行い、警察も見つけることが出来なかった女の子の遺体をダムで見事に発見してみせた。警察よりも早く見つけたことを考えれば、ヤラセの可能性はありえない。

これらのことからも、クロワゼットの透視能力が本物であることは揺るぎない事実だと言えるのである。

謎解き

クロワゼットといえば、いわゆる「サイコメトラー」として最も有名であり、なおかつ群を抜いて優秀だったと言われる超能力者である。また、近年日本へよく訪れていた超能力者捜査官たちの先駆的存在でもある。

しかしクロワゼットが有していたというその驚異のサイコメトリー能力によって、本当に難事件が解決されたのかといえば、実は非常に疑わしいことがわかっている。

ヴィールデン事件

ここでは、クロワゼットが関わった代表的な事件を見ていきたい。まずはオランダで起きたヴィールデン事件。

この事件は、オランダのヴィールデンに住む若い女性が帰宅途中に何者かに襲われたというもので、犯人はハンマーを使って女性を襲撃していた。

テンヘフ教授の記録によれば、クロワゼットは警察の要請により捜査に協力。事件後、現場に残されたハンマーを手に取ると、次のように語ったという。

犯人は、黒髪の背の高い男。歳は30歳前後。左の耳が奇妙に変形している。

またハンマーは犯人の所有物ではなく、白い家に住んでいる犯人の知人のものだとサイコメトリー。さらに実際に犯人が逮捕されると、透視結果どおりのことを白状したともいう。

ところがである。この事件を調査したウェールズ大学のC・E・ハンセル教授によれば、実際にヴィールデン警察に問い合わせをしてみると、事実は全く異なっていたことが判明したのだという。

そもそも警察はクロワゼットなど呼んでおらず、彼がこの事件に首を突っ込むようになったのは、被害者の女性の親戚が頼んだためだった。また、事件を解決するにあたって警察は独自に犯人を見つけていたという。

さらに肝心のサイコメトリーの詳細についても、犯人の耳は普通の耳で、なおかつ犯行に使われたハンマーは最後までどこで入手したものか不明だったというのだ。つまり、この事件のクロワゼットに関する話は、ほとんどがホラ話だったのである。

グレネルグ・ビーチ行方不明事件

続いては1966年1月26日に起きた事件。この日、オーストラリアのアデレードの近郊のグレネルグ・ビーチから、当時9歳のジェーン、アンナ(当時7歳)、グラント(当時4歳)の3人が行方不明になった。

すぐに地元の警察によって大がかりな捜査が行われ、「背の高いブロンドの男性」と共に3人が泳いでいたのを見た、という目撃証言は得られたものの、それ以上の情報はなく捜査は難航した。

クロワゼットの支持者はこの事件を聞きつけると、3人が行方不明になったビーチの写真をヘリコプターを使って撮影。そして、この事件を報じた新聞や雑誌などの切り抜きと共に、オランダにいるクロワゼットのもとへ送った。

早速サイコメトリーを開始したクロワゼットは、3人はすでに殺害され、遺体は埋められていると透視。彼の指示によっていたるところが掘り起こされたものの、結局、手がかりは何一つ得られなかった。

しかし彼はめげない。翌年、再びアデレードに乗り込むと、「子どもは新しく建設された食料倉庫の地下に埋められている」と再透視。

地元の捜索隊は、この透視を信じて掘り起こしを行えば7000ドルもの費用が掛かるため抵抗したが、市民の委員会によって押し切られた。ところが結果はやはり、何も見つからずに終わってしまったのである。

警察署長からお墨付きをもらった?

続いては、オランダのウオドリヘン地域で起きた連続放火事件について。この事件はジャーナリストのピート・ハイン・フーベンスが、直接イーコフ警察署の署長に会って真相はどうだったのか調査している。

フーベンスによれば、署長がクロワゼットと会ったのは1977年11月で、テンヘフ教授の話とは2年もずれていた。そして、この事件についてクロワゼットが署長に語った話が録音されているテープを聞かせてもらったところ、テンヘフ教授の記録はまったくの作り話で、事実と大きく異なっていることがわかったという。

そもそもこの事件の犯人について、クロワゼットは、次のように透視したとされていた。

放火魔は男だ。制服を着る仕事をしていて、アパートに住んでいる。おもちゃの飛行機と関係がある。(引用者注:のちに逮捕された犯人は警官で模型飛行機が趣味だった)

ところが実際には、「制服」などとは一言も言っておらず、なおかつ「おもちゃの飛行機」についても一言も語っていなかったというのである。

さらに、「ビデオの内容は調書にまとめられ、イーコフ署長によって署名されている」という話についても、実際に署長に聞いてみると、「そんな調書は見たことすらない」と証言したという。

どうやらこれらを見る限り、クロワゼットの【伝説】のもとになっているテンヘフ教授の話は、著しく信憑性に欠けると判断せざるを得ないようである。

大反響だった日本の番組での透視

これまで、クロワゼットの透視結果はかなり残念なものだということを見てきた。しかし驚異の的中例として宣伝される日本の番組での透視はどうだろうか。

この番組は、1976年5月5日にNET(現・テレビ朝日)の「水曜スペシャル」で放送された。当時行方がわからなくなっていた7歳の少女の遺体をクロワゼットが透視によって発見したことで大変話題になった。そのときの視聴率は30.5パーセントを記録し、放送時には3000本もの電話がかかってきて大反響だったという。

ここではまず事件について情報を整理しておこう。

1976年5月1日の午後5時過ぎ頃、当時7歳だった菊池美和ちゃんの行方がわからなくなる。
5月3日の夕方、クロワゼットが来日。
5月4日の午後5時にクロワゼットが美和ちゃんについて透視を開始。
同日の夜、透視結果を受けて、番組のスタッフが現場の千葉県市原市に向かう。
同日の深夜まで、クロワゼットの透視と一致する場所が次々に当たっていく様子を撮影。
5月5日の午前6時半、クロワゼットが遺体がある場所として透視した山倉ダムをスタッフが捜索開始。
5月5日の午前6時53分、ダムに浮かぶ美和ちゃんの遺体を発見。その一部始終がカメラに収められる。
5月5日の午前7時半、通報を受けた警察が現場へ駆けつけ、遺体が美和ちゃんであることを確認。現場は騒然となる。
5月5日の午後7時半、NETテレビの「水曜スペシャル」にて、それまでに撮影された映像が放送され、大反響を呼ぶ。
後の警察の調査の結果、美和ちゃんは一人で遊んでいた際、足をすべらせてダムに転落し、溺死したことが判明する。

流れとしては以上のとおり。それでは、ここで大きな影響を及ぼした透視結果は本当にクロワゼットの「超能力」によるものだったのだろうか? 実は大きな疑問が投げかけられている。

当時から指摘されていた数々の疑問点

美和ちゃん事件のクロワゼットの透視については、当時の週刊誌がこぞって取材している。それらをまとめると次のような点がわかってくる。

山倉ダムは一度、警察によって周囲を捜索されていた。そのときは未発見だったものの、もしダムに転落していた場合、次のことが考えられた。水死体は一度水底に沈んだ後、腐敗によるガスがたまって浮き上がる。その時間は水温によって異なるが、法医学による計算では5日頃に浮いてくる可能性があった。
ダムの再捜索は5月5日に設定され、当日は午前9時半から総勢290名の大捜査網でダムを探す予定だった。
NETテレビのスタッフが2人、それぞれ5月2日と3日に事件現場を訪れ、取材していた。さらに警察の捜査本部がある場所にも顔を出していた。
もともと5月5日の夜の番組は生放送でクロワゼットに透視をやってもらう予定だった。ところがその予定は前日に急遽変更になり、4日に透視の様子が前撮りされ、スタッフがその日の夜に現場で事前の撮影を済ませ、5日の早朝にダムの捜索をする様子が強行撮影された。
クロワゼットに情報を教えていた場合、通訳を介す必要があるが、通訳は4日の夕方に透視が始まる前に交代になっていた。その通訳には取材ができなかった。

つまり以上の情報を考慮すれば、遺体がダムにあることを予想することは十分にできたと考えられる。結果が派手であるため、つい、すごいことが起きたと判断してしまいがちであるものの、本来、捜索隊が約2時間半後には発見していたであろうことには留意しておきたい。

ちなみに同じ5月5日に放送された番組では、この透視以外にクロワゼットは2つの事件を透視していた。また同じ年の12月15日に来日した際にも追加で2つの事件を透視していた。

ところが、いずれも事件解決にはまったく至らなかったため、現在ではこれらの透視が行われたこと自体、すっかり忘れられている。

【参考資料】

  • Piet Hein Hobens「Gerard Croiset: Investigation of the Mozart of “psychic sleuths”―Part 1」『Skeptical Inquirer』 6(1):1981, Fall)
  • Bret Christian「Murders and Clairvoyants」Victorian Skeptics
    (https://vicskeptics.wordpress.com/2005/02/22/murders-and-clairvoyants/)
  • 「OUT OF THIS WORLD」 (Macdonald)
  • 『世界超能力大百科』 (学研)
  • 皆神龍太郎、志水一夫、加門正一『新・トンデモ超常現象60の真相・上』(彩図社)
  • 「伝説の超能力者ジェラルド・クロワゼット透視捜査の真実」(テレビ朝日、2005年1月6日放送)
  • 「『奇跡の予言』に水をさす『美和ちゃん発見現場』3日前のこういう事実」『週刊新潮』(1976年5月20日号)
  • 「奇跡!超能力者クロワゼットさんの透視の秘密」『週刊女性』(1976年5月25日号
  • 「超能力者クロワゼットが残した不気味な置きみやげ」『週刊明星」(1976年5月23日号)
  • 「ホンモノかインチキか クロワゼット氏の超能力」『週刊読売』(1976年5月22日号)
  • 「また来た超能力者『クロワゼット氏」の実験成功への『下ごしらえ』追跡」『週刊新潮』(1976年12月23日、30日合併号)
  • 「行方不明の少女をズバリ当てた驚異の予言者クロワゼット氏の超能力とはこんな仕掛け」『週刊平凡』(1976年5月20日号)
  • 「行方不明の少女を発見した超能力の神秘!」『ヤングレディ』(1976年5月25日号)
  • 「連体列島をアッといわせたクロワゼットの透視力の”不透明″部分」『週刊ポスト』(1976年5月21日号)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする