9.11同時多発テロとの関係が噂される「ヘリコプターをかすめるUFO」

伝説

2000年7月24日、アメリカ・ニューヨーク州の世界貿易センタービルの近くで、飛行中のヘリコプターを猛スピードでかすめるUFOの姿が撮影された。

このヘリコプターに乗ってUFOを目撃したのは、「バーバラ・S」と名乗る女性。彼女は事情によりフルネームは明かせないと前置きしたうえで、7月24日に目撃したUFOについて記した手紙とビデオを、アメリカのサイ・ファイ・チャンネルというケーブルテレビ局へ送った。

同局は約2ヵ月後にこのビデオを放映。瞬く間に話題となり、専門家などから「本物である」というお墨付きを得ることに成功している。日本でも、UFO問題に詳しい矢追純一氏によって、このUFOは時速12,000kmもの猛スピードに達していることが明らかにされた。

だがなぜ、これほどの猛スピードを出して現場から逃げなければならなかったのか。約1年後に、このUFOが撮影された、まさにその現場で起きる9.11同時多発テロと何か関係があるのだろうか。謎は深まるばかりである。

謎解き

この動画は、日本でもたびたびUFOを扱ったテレビ番組で紹介され話題になった。ご存知の方もおられるかもしれない。

これらの番組を見ていると、まったく真相はわかっていないかのように思えてしまう。ところが実はこの動画、2003年の時点で真相は判明している。

出演女優が真相を告白

【伝説】では、このビデオを送ってきた女性は「バーバラ・S」となっており、フルネームは明かせないということになっていると紹介した。

バーバラ

ビルの陰に隠れるUFOを指さすバーバラ

しかし、この女性は後に「バーバラ・シクランザ」というフルネームを公開している。本職は女優。自分が映っているビデオの内容は架空の設定で、演技をしたのは、SFだけでなく超常現象番組も扱う 「サイ・ファイ・チャンネル」のプロモーション映像だったからだと告白している。(チャンネルの宣伝としては大成功だった)

白昼堂々、大都市の上空に現れたにもかかわらず、他に目撃者がいないことからも明らかなように、UFOはもちろんCGである。

なお宣伝用のプロモーション映像であることは、現在、彼女自身の出演履歴のページを見ることでも確認可能である。(「SCI-FI Promo (The Blimp)」がそれ)

【参考資料】

  • 南山宏「9.11テロの1年前、世界貿易センタービルに謎のUFOが出現していた!!」『ムー』(2007年8月号、学研)
  • 「WTC Sci-Fi Channel」(http://www.rense.com/general41/scihoax.htm)
  • Barbara Sicuranza「My Mysterious Mysteries」(http://www.mysteriousmysteries.com/resume.html)
  • 「UFO Casebook Twin Towers」(http://ufocasebook.com/wtcvideo.html)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする